トップページ > ボディジェットの施術|病院で痩せる|病院で痩せる ダイエット外来を徹底研究

ボディジェット

ボディジェット

90%の脂肪が除去可能。画期的な脂肪吸引

病院で行えるダイエットの施術の中で、脂肪吸引は全身麻酔が必要な施術で危険が伴います。この施術の身体への負担を軽減させるために考えられたのが、ボディジェットです。止血剤や麻酔が溶け込んだ水流を脂肪層と筋肉層に流し込みます。

施述の仕組み

  • 水流を利用した脂肪吸引

    水流を利用した脂肪吸引

    止血剤や麻酔を溶かしこんだ水流が、施術を施す部分の脂肪全体に行き渡ることによって、術中の痛み、出血、筋肉の損傷などを防ぐことができます。施術前のボディジェットを行うことで、脂肪吸引のリスクを確実に軽減させることができるのです。

  • 施術中の痛み・出血を大幅に軽減

    施術中の痛み・出血を大幅に軽減

    止血剤や麻酔を溶かしこんだ水流が、施術を施す部分の脂肪全体に行き渡ることによって、術中の痛み、出血、筋肉の損傷などを防ぐことができます。施術前のボディジェットを行うことで、脂肪吸引のリスクを確実に軽減させることができるのです。

  • 傷口が小さく、ダウンタイムも短縮

    傷口が小さく、ダウンタイムも短縮

    ボディジェットを行うことによって、脂肪の層が浮き上がり柔らかくなるので施術がやりやすくなり、肉体に与える負担を減らすことができます。また、身体への負担が軽減されることから、術後の回復時間、ダウンタイムが大幅に早くなります。

  • 脂肪細胞の減少でリバウンドしにくい

    脂肪細胞の減少でリバウンドしにくい

    ボディジェット脂肪吸引が、病院で受けられるダイエット施術の中でも特に人気がある理由は、リバウンドの心配がないからです。脂肪は細胞の膨張によって大きくなりますが、脂肪細胞ごと取り除く脂肪吸引を行えば、リバウンドの心配は不要なのです。

施術可能な部位

施術可能な部位

手術時間 約15〜2時間(施術個所による)
ハレ 約1〜4週間程度(施術個所による)
内出血 約1〜2週間程度(施術個所による)
入院の必要 なし
麻酔 あり
痛み 1週間程度筋肉痛のような痛みがある
入浴 翌日〜9日後以降(施術個所による)
洗髪/シャワー 当日〜2日後以降(施術個所による)
激しいスポーツ 3週間以降から
術後のケア ガードル、サポーターなどでの固定 お酒は1週間以降から