トップページ > 脂肪吸収抑制の施術|病院で痩せる|病院で痩せる ダイエット外来を徹底研究

脂肪吸収抑制(内服薬)

脂肪吸収抑制(内服薬)

食べることを抑制して自然に痩せられる

病院でのダイエットは、脂肪吸引などの施術が一般的ですが、食欲抑制剤を病院で処方してもらうのもひとつの方法です。食欲抑制剤は食欲を抑えてくれるので、カロリーの摂取自体を抑制してくれます。日本で認可されている食欲抑制剤もあるので、病院のダイエット外来などで広く取り扱われています。

痩せる仕組み

  • サノレックスとは

    サノレックスとは

    サノレックスというのは商品名で、サノレックスの中身はマジンドールと呼ばれている食欲抑制剤です。1992年に国内販売が開始されて以来、病院や美容外科で処方されるこの薬で多くの方がダイエットに成功しています。

  • 日本で唯一承認されている食欲抑制剤

    日本で唯一承認されている食欲抑制剤

    サノレックスは、厚生労働省に承認されている薬で、ダイエット効果が実証された薬であるといえます。食欲を抑制し、結果的に摂取カロリー量を無理なく減らすことで、ダイエットの成功にとても有用な働きをしてくれます。

  • リバウンドもしにくい

    リバウンドもしにくい

    サノレックスの特徴は、脳の視床下部に位置する食欲中枢に働きかけて、食欲を抑制することができるということです。食事を我慢しなくても、サノレックスが食欲を抑制するので、無理なくダイエットを進めることができるのです。そのため、ダイエット後に食事量が増えて、リバウンドするというようなことが起こりにくくなります。

  • 消費エネルギー促進にも

    消費エネルギー促進にも

    サノレックスには、エネルギー消費を促進させる働きがあり、一日一回サノレックスを飲むと、それだけでも普段よりも脂肪の燃焼が早まったりするのです。水泳やマラソンなどと組み合わせることで、脂肪の燃焼を早めてダイエット効果が高まります。

使用情報の留意点

用法・容量 通常、1日1回昼食前 1日最高投与量は3錠まで
投与期間 3ヶ月以内を限度
注意点 緑内障のある人は禁止されています。
精神症状が不調な人には向きません。
心臓病、膵臓病、腎臓病、肝臓病、高血圧症、脳血管に病気のある人、糖尿病やてんかんの ある人には処方されない場合があります。
飲み合わせに注意する薬があります。 必ず医師に相談が必要です。